ara 2020春夏コレクション紹介その1

2020年のara春夏コレクションの第1弾が入荷してきました。店頭、店内もだいぶ明るくなってきて、まだまだ寒い日はありますが何となく明るい気分になりますね。


さて、せっかくなので新作の靴はどこがどう「イイ」のか、数回にわたってお話ししていこうと思います。

まずは発売当初からFUSION4のシリーズと人気を二分していた「ローマ」のシリーズの最新作のご紹介から。

旧ローマはアウトソールがかなり薄めだったことで、それが足元をスッキリ見せることにもなり、逆に接地面が近くクッション性に若干欠ける面もあったのですが、今期のローマはソール厚めでクッション性が高まっています。

アウトソールは本来歩行の際に曲げるべきところが曲がる構造になっており、いわゆる「返りのよい」靴だと感じました。



甲の高さや幅感などは旧ローマとほぼ同じく甲が比較的薄めなので、開張足や外反母趾等で横アーチが少し落ち気味の方はかなりぴったりくると思います。

またソールの関係だと思いますが、今までよりもつま先がかなり上がっているので、すり

足気味の方も転びにくいかもしれません。

シューレースは2通りで、マルチカラーと白。写真でもお分かりの通り、フェイスが全然違います。その時の気分に合わせて付け替えられるのもうれしいですね。


白のレザースニーカーは今や季節を問わず定番になってきました。他の人の持っているものよりもオシャレで履きやすい靴として、こちらはかなりおススメです!
















© Santnana